2005年12月29日木曜日

クリスマスプレゼント

ホンダDN-01アンケート景品が当選
RC211V '04、ニッキー・ヘイデン号のフィギュア。

整備

Fサスオイル交換。
カワサキ/KAYABA 10番, ZOILを50ccずつ添加。レベル140mm、約450cc/本。右スプリング長測定、525mm。


WP Rサス取付。
1G車高調整。
・ 新WP 40mm沈む (イニシャル11mm←標準値)
・ 旧設定 20mm沈む (イニシャル14mm)
0G車高計測。センタースタンド状態で、Rタイヤ下端と地面のクリアランスで測定。
・ 新WP: 35mm
・ ノーマル: 40mm(ノッチ1)、45mm(ノッチ7)
・ 旧WP: 65mm
1G' 車高計測。サイドスタンドに小石をかませて直立させ、テールカウル最上端と地面との距離を測定。
・ 新WP 895mm
・ ノーマル 900mm

2005年12月27日火曜日

整備

Rサス仕様変更、軸間8mm延長 + O/H。
(ダブルエム ¥21000円)

2005年12月23日金曜日

整備


アップハンドル化実施。

使用部品
ハリケーン アンダーブラケット
ハリケーン ハンドルホルダー
デイトナ プログリップ
プロト EFFEX イージーフィットバー
プロト EFFEX ハンドルバーウェイト (以上 GT商会通販)
CB-1タイプ2用アクセルケーブルA,B
CB-1タイプ2用クラッチケーブル
CB-1タイプ2用チョークケーブル
純正アクセルグリップホルダー
ブレーキホースは従来のもの(50mm延長品)を使用。

2005年12月17日土曜日

整備

車高計測、WP Rサス取り外し、ノーマルRサス取付。

イニシャル計測。
目標 
F: 35~45mm/130mmストローク
R: 22~27mm/110mmストローク
計測値
F: 30.0mm → 40.0mmに設定しなおし。イニシャル1目盛目より1.0回転抜き。
R: 25.0mm (イニシャル14mm: 標準11mm)

0G車高比較
- 取り付けボルト間距離 WP: 311mm、ノーマル: 315mm (目測概算値)
- センタースタンド時、地面→後輪の距離 WP: 65mm、ノーマル(1ノッチ目): 40mm、ノーマル(7ノッチ目):45mm ⇒ サス長が4mm違うと、20mm車高が変わる。(1:5)

検討
プリロードを目いっぱいかけた (0G相当の) R車高にする。
→ 1Gで25mm沈むので、25mmをキャンセル → サス長+5mm
150/60扁平のタイヤを履いた時に、この車高を得る。
→ 10mm車高ダウンをキャンセル → サス長+2mm

従って、7mmアップ。センタースタンドは十分立つ。(地面→後輪距離 30mm)
1Gをもう5mm縮ませたいので、サス長+1mm。合計8mmアップの319mmで仕様変更を発注。

2005年12月10日土曜日

パワー

NAPS三鷹東八店ピット前、パワーチェックの車種別最大馬力一覧表。11/12の結果が記載されてた

2005年11月12日土曜日

パワー

NAPS三鷹東八店にて、TさんのCB-1とパワーチェック勝負。先日ノーマルに戻したマフラーを、再度ヨシムラにチェンジして参戦。


赤線がTさん(CB-1 '89 w/ モリワキ マークII)。全域でTさんの勝ちだが、ピークパワーだけ俺の勝ち

47.9ps/11,500rpm、走行距離約75,190km

2005年11月6日日曜日

ACIDM

 
ACIDMトータルチェックの無料券を貰ったので、チェックに。
購入4397日目、走行距離46692マイル(75140km)の測定結果は…

Fブレーキ: 今回 48.9 kgf ← 前回66.4 kgf
F空転抵抗: 今回 4.2 kgf ← 前回3.5 kgf
Rブレーキ: 今回 39.0 kgf ← 前回 39.0 kgf
R空転抵抗: 今回 4.6 kgf ← 前回2.5 kgf
アライメント: 今回 L 22.8mm ← 前回 R 18.0mm
最高出力(補正): 今回 38.2ps ← 前回 44.7ps

制動力ダウン、空転抵抗アップ、アライメント悪化、パワーダウンと、全て悪化

2005年11月5日土曜日

富士山

R139 富士吉田市にて。


富士吉田→朝霧高原(もちや二輪館)→富士宮・白糸の滝→富士山スカイライン→新5合目(標高2400m)→箱根・小田原
本日の走行 約300km。

2005年10月29日土曜日

試乗

午前。奥多摩へ。五日市から周遊道路を抜け、小河内ダム「水と緑のふれあい館」見学。


午後。近所に2軒の輸入車屋さんが開店したので見学。1軒目はハーレー屋さん。V-RODに試乗。何とクローズドコース(工場敷地) 

2軒目はドカ屋さん。Multistrada 1000sDSに試乗。オーリンズ付き

2005年10月23日日曜日

12年

CB-1納車12周年の記念日。快晴。

日の出町の林道にて。

2005年10月22日土曜日

2005年10月15日土曜日

整備


ノーマルマフラーをクリーニング
プラグチェック
キャブクリーナー噴射
フラッシング・オイルフィルター交換・オイル交換
ドライブチェーン拭き掃除・張り調整

走行 46096.8mile (74185.6 km)

2005年10月8日土曜日

九十九里浜→勝浦


京葉道路→千葉東金道路→山武成東IC→九十九里町→勝浦(食事)→安房鴨川→金谷港FT→(東京湾フェリー)→久里浜港FT→R134・R16・環2・保土ヶ谷BP・R16
距離: 約310km, ガソリン: 約14L(¥800), 高速・フェリー代計:¥5500


初めて乗った東京湾フェリー、カモメを従えてクルージング。 

2005年10月7日金曜日

引き揚げ

退院。燃料ポンプ・燃料チューブ・フィルター交換。¥16710 (納期大幅遅延のため工賃割引)

2005年9月14日水曜日

代車

CB-1長期入院中。(月末以降診断とのこと)

通勤手段は相方の05年型CB400スーパーボルドール(CB400S5)を借用。CB-1から15年後に登場した最新モデル。

インプレッション。
CB-1との比較は、走る・曲がるに関して、完全に05年型の勝ち。加速力・加速感・低速旋回・バランスの全てが、完璧。同じ400ccとは思えない。これなら、誰が乗っても満足するはず。

また、シートの座り心地が素晴らしい。スポンジは適度に硬く、身体をホールドしてくれる。また、表皮も滑りにくく、CB-1の頃のバイクのように、身体が前にずり落ちることが全く無い。

CB-1で勝てるのは、極低速 (4000rpm以下) の加速感が良いこと。しかし、Uターン時には慣れないと急加速で不安定になる。対して05年型は大変コントロールしやすい。CB-1でフルロックUターンは相当練習しないと難しいが、05年型なら誰でも簡単。

最新型は本当に素晴らしい。乗りやすいし、しかも速い。(速さを演出する余裕がある)
そろそろ、CB-1を卒業してもいいだろうと思うこの頃…

2005年9月5日月曜日

トラブル

通勤中、燃料ポンプ故障のためCB-1ストップ。入院。
(RB苫小牧の応急処置は873km持った)

2005年8月20日土曜日

横浜

赤レンガ倉庫へ。
「NMCA バイクの日 ライド・ウィズ・ハート 2005 in YOKOHAMA」見学。

2005年8月5日金曜日

大洗FT→帰宅

R6 松戸市 出光SSにて。5本のフラッグを背負う。


13:30 大洗FT→昼食 大洗海鮮市場 (スペシャル海鮮丼、焼はまぐりと焼サザエ)→R6→日本橋→四谷のスタバ→R20→20:00 自宅着


走行距離 165km。所要時間 6:10、実走行時間 4:50、平均時速 33.6km/h、平均燃費 25.1km/L 

------------
全行程
日程: 2005/7/30-8/5 6泊7日
走行距離: 1788.8km(内高速315km)、'05 CB400SBで +126km
全走行時間: 33.9h
平均時速: 52.7km/h
消費ガソリン量: 75.3L
ガソリン代: 9591円 (平均127.4円/L)
平均燃費: 23.8km/L
高速代: 5350円(東北道久喜→仙台宮城)
フェリー代: 31100円(仙台→苫小牧13300円、苫小牧→大洗17800円)
宿泊費・食費等: 

2005年8月4日木曜日

苫小牧→苫小牧

早来町 鶴の湯温泉にて。


ホテルにCB-1と荷物を預かってもらい、フェリー時間までCB400SBでタンデムドライブ。
朝食: 苫小牧港「マルトマ食堂」(ほっき刺身定食, ウニイクラ丼)→支笏湖→千歳市・名水ふれあい公園→道の駅サーモンパーク千歳→鶴の湯温泉→ウトナイ湖 サンクチュアリ・ネイチャーセンター→苫小牧市 中野食堂 (ホッケ焼定食、盛り合わせ定食[サバ焼+玉子焼])→苫小牧FT 「さんふらわぁ・さっぽろ」号

CB-1 走行距離 6km、CB400SB 走行距離126km。所要時間9h、走行時間3.3h、平均時速39.0km

苫小牧FTで乗船待ち。

2005年8月3日水曜日

釧路→えりも岬→苫小牧…

黄金道路にて。


釧路→大樹町ホクレンSS→黄金道路・望洋台→えりも岬展望台(濃霧視界ゼロ)→道の駅 サラブレッドロード新冠→ホクレンSS新冠町 (緑色フラッグゲット・5本コンプリート)→日高道鵡川IC→沼ノ端西IC→産業道路(道道259)苫小牧FT近くにてエンジン停止・再始動不可、目的地の室蘭港FTまでたどり着けず…

走行距離 387km。所要時間 11:45、実走行時間 7:14、平均時速53.5km/h、平均燃費 25.1km/L 


この後、RB苫小牧にレスキュー依頼。CB-1は、応急処置として燃料ポンプの接点を磨いてもらい、復活。


苫小牧FT窓口で、夜の室蘭→青森便予約を、翌日の苫小牧→大洗便に差額変更してもらう。RB苫小牧の工場長さんに近くのビジホを格安で予約してもらい、宿泊。感謝

2005年8月2日火曜日

サロマ湖→知床峠→釧路

視界不良の知床峠にて。


斜里町ホクレンSS→知床横断道路・知床峠パーキング(視界不良)→熊の湯→標津町川北ホクレンSS(JA標津町オリジナル紫フラッグゲット)→シカに出会う→昼食: 中標津町「すしロード」→R272ミルクロード→釧路

走行距離 324km。 所要時間 7:30、実走行時間 5:37、平均時速57.7km/h、平均燃費 24.0km/L