2010年5月28日金曜日

給油

7.91L給油、燃費15.1km/L
出光セルフ まいどプラス 130円/L
 93859.8km

2010年5月16日日曜日

燃料チューブ

古い燃料ポンプを確認したが、IN/OUTのパイプ径は同一だった。


よってスティード400の燃料ポンプに限らず、CB-1(Type2以外?)の燃料ポンプを使う場合でも、供給されるホースクランプは1個不適切でユルユル接続。なぜかパーツリストから間違えている。燃料漏れして燃料ポンプ引火でバイク炎上するという話の割に、ポンプそばで配管が外れるような設計って…


CB-1の燃料チューブ交換のために、16955-KAF-305 燃料チューブセットを組み込む場合、12.5のクランプ PN:95002-4125008 が1個追加で必要なので要注意。
(16955-KAF-306 Type2用は問題ないはず…)

修理

ウォーターポンプはCB400SF Ver. S (NC31) 用を購入し、交換して修理完了
(19200-MY9-791 ¥12075-ポイント2777、Web!ke)
  93742.0km

(水補給のため) ラジエータキャップを外すのにエアクリーナーBOXを空けるため、ついでにエアクリーナーエレメントを交換。(17210-KAF-000 ¥3790、レッドバロン)
 
3年1ヶ月、10860km使用。(推奨サイクルは20,000km)



2010年5月11日火曜日

修理不能

結局先日のオーバーヒートトラブルの原因は、ウォーターポンプのメカニカルシール破損による冷却水漏れが原因と判明。


販売店とメーカーに問い合わせ、部品廃盤 (代替品無し) のため修理不可能と回答されました。もう乗ることはできなさそうです… 


93742.0km、購入後6044日 (16年と200日ちょうど)

あと少しで60,000マイルだったのになあ。

2010年5月2日日曜日

ターンパイク→伊豆スカイライン→西伊豆スカイライン→明神峠・三国峠→道志みち

家捜ししてH4バルブを発見、無事取り付けて、2年ぶりのロングドライブ。初の伊豆スカ行き。

小田原厚木道路・TOYO TIRESターンパイク・伊豆スカイライン天城高原・県道12で修善寺・R136土肥峠・西伊豆スカイライン戸田峠・戸田港・県道17駿河湾沿いにR414沼津・R246小山町・明神峠・三国峠・R413道志みち・県道76・R20大垂水峠
走行距離358.1km、所要時間8:55 (走行時間 約7:35)、平均時速46.3km/h、平均燃費23.9km/L、ガソリン代1897円 (13.7L, 平均138円/L)、有料道路代1650円。

全線峠だらけ、しかも思ったより空いていてお腹イッパイ

大観山PA 93470km

給油

6:32、7.74L給油、燃費18.8km/L
厚木市 Mobilセルフ 一般クレジット 133円/L
 93412.3km 

9:37、5.77L給油、燃費24.6km/L
伊豆市、ENEOSフル 一般クレジット 144円/L
 93554.1km 

14:39 7.96L給油、燃費23.4km/L
Essoセルフ 一般クレジット 134円/L
 93740.1km

2010年5月1日土曜日

整備4

帰宅してファンの動作確認。異音はファンに異物が干渉していたためと判明。煙も異物によるものと推測。
水温上昇が不安なので、念のためラジエーター水路洗浄+クーラント交換。(洗浄剤¥198、クーラント¥798 カインズホーム)
潰れたラジエーターフィンの修正もと考えたが、水路洗浄時の確認で水温が通常値で安定したのでOKとした。
異物のため、ファンの速度が不足し、冷却できなかった?

ついでに車検対策でHID撤去 
でも、代わりに取り付けるはずのH4バルブと接続コネクターが見当たらない…

トラブル…

ドライブに出かけて早々、小田厚道路厚木入口手前でラジエーターファンから有り得ない異音
さらに水温がレッド手前まで上昇 
さらにさらにタンク下からうっすら煙が
大慌てでUターン、燃料漏れではなさそうなので、ダマシダマシ帰宅
 93358.4km (後ろは小田厚の高架)